心のオアシスのような病院を目指します

先輩セラピストからのメッセージ

吉崎寛之

吉崎寛之

私は、理学療法士として毎日患者様のリハビリテーションを担当しています。その中でも主に回復期病棟である3A病棟の患者様を担当しています。3A病棟には、膝関節や股関節などの関節疾患やスポーツ障害など整形外科的疾患の患者様が多く入院されています。回復期病棟であるため患者様の在宅復帰や職場復帰、またスポーツ復帰というものが大きな目標となり、それに向かってドクターや病棟スタッフ等と連携を図りながら、その支援を日々模索しています。
今後の目標としては、セルフリコンディショニングの充実を図っていきたいと考えています。上記の復帰を果たすためには、退院後もリハビリテーションを患者様自ら行うことが重要だと考えています。そのためには私の知識向上はもちろん、患者様とのコミュニケーションにより、双方の意見の一致やモチベーションの維持等が必要であり課題はまだまだあります。患者様が退院後も充実した生活を行っていただけるようそのような支援も積極的に実施していきたいと思います。


濱谷悠

濱谷悠

当院に入職し3年目になりました。
私が所属する4A病棟では、特に脳血管疾患、股関節疾患、腰部疾患の患者様が多く入院されています。その中でも、患者様の症状は多種多様で、先輩方に相談するだけではなく、自己学習の大切さ感じています。
当院の卒後教育では、県内外の研修会への参加を勧めており、私も積極的に参加しています。
今後はより専門的な知識を見につけることを目標に日々、努力したいと思います。


成田綾菜

どんな業務をされていますか?

手術後や急性期の患者さんが主な一般病棟と、外来での理学療法を担当しています。

現在の仕事にやりがいや喜びを感じるときはどんな時ですか?

術後や状態の悪化した患者さんへのリハビリ介入は、とても神経を使うことが多く、気持ちを休める事が難しいことがあります。しかし、日々ほんの少しずつですが、ベッドから起き上がれたり、車椅子に移る、立つ、歩く等の元気な姿を見ることができる事に嬉しく思います。
また、外来患者さんは、日常生活で困っていた事が改善されたり、楽に仕事が出来るようになったという話を聞くと、少しでも役に立てたのかな・・・とやりがいを感じます。

今後の目標や抱負等について教えて下さい。

限られた時間の中で、集中して知識を高める工夫をしたいです。また、当たり前であるとは思いますが、患者さんの身近に寄り添って状態を確認したり、お話を聞いたりする事、相手の立場で考える事はいつまでも忘れずにしたいと思います。

就職希望者へのメッセージをお願いします。

成田綾菜

私は育児をしながら働いています。仕事と家庭の両立は、思っていたよりも大変でしたが、勤務時間を短縮していただいたり、負担の少ない内容にしていただいています。
また、急な休暇を取ることも多いのですが、職場の皆さんがしっかり対応してくれるので、大変感謝しています。
これから結婚して子育てをしようと考えている女性にも、それをサポートしようと思っている男性にも、きっと働きやすい環境であると思いますので、安心して下さいね!


高橋朝子

どんな業務をされていますか?

認知症を患い、日常生活に支障をきたす状態にある患者様を対象に、生活機能回復訓練として個別訓練・集団レク・グループワーク等を用いて、治療活動を行っています。看護師・介護職・ケースワーカーと協力し、患者様の日常生活をおくるための援助をする仕事です。日々変化する患者様の状態を評価し、それにあった援助を行うように心掛けています。患者様の状態の評価・援助・再評価、プログラムの計画・実施等が業務内容です。

現在の仕事にやりがいや喜びを感じるときはどんな時ですか?

患者様の状態が落ち着き、穏やかな表情を見せたり、本来の能力や個性を引き出せた時は嬉しいです。活動の中で患者様同士が楽しそうな表情を見せたり、思いがけない反応をしてくれる時も嬉しいです。皆様が暮らしてきた生活背景を見聞きするのが、個人的には一番勉強になります。徐々に精神症状が進行し、出来なくなる事も多い疾患ですが、その段階ごとに残存能力を活かした援助をし、時には最期まで関わる事が出来るのにもやりがいを感じます。

今後の目標や抱負等について教えて下さい。

今までは集団に対して1種類のプログラムというように、活動を用意してきましたが、今後は患者様一人一人の状態、個性に合わせて活動内容を準備し実施できるように、きめ細かく対応していけるよう頑張ります。同じ職種、または多職種と協力体制を作り、患者様の生活がより充実したものになるよう頑張ります。

就職希望者へのメッセージをお願いします。

高橋朝子

認知症治療病棟は精神科の病棟ではありますが、総合的に患者様を診ていく必要がある分野です。精神面だけでなく、身体面への評価・治療、日常生活への援助等、幅広く疾患の段階に合わせた関わりが必要になります。人生の大先輩である患者様から学ぶ事が多い分野で、やりがいと楽しさもある病棟ですので、ぜひチャレンジして下さい。


伊藤公洋

どんな業務をされていますか?

私は回復期病棟という病棟に勤務しています。回復期病棟は骨折や関節の変形に対して手術を行った患者様や、脳卒中によって麻痺の後遺症がある患者様を相手にリハビリをしています。患者様が自宅に退院できるように病院の中だけではなく、外出しバスの乗り降りや買い物などの練習を行っています。また帰宅されるご自宅を患者様と一緒に訪問し、スタッフがご家族様に対して家屋の改修や介助方法のアドバイスなどを行い、退院に向け取り組んでいます。

現在の仕事にやりがいや喜びを感じるときはどんな時ですか?

入院している患者様は長くて3ヶ月から半年近くのお付き合いとなります。 この間徐々に信頼関係ができて私のことを頼って頂けたり、退院時に「あんたが担当で良かった」と言って頂けた時は嬉しい気持ちになりました。
人付き合いの仕事なので人と話すのが好きな私にとっては、とてもやりがいを感じています。

今後の目標や抱負等について教えて下さい。

青森慈恵会病院のスタッフの人数はとにかく多いので、とても活気があって元気です。リハビリスタッフも多いので相談する先輩もたくさんいますし、同年名代のスタッフもいるので心強いです。

就職希望者へのメッセージをお願いします。

伊藤公洋

理学療法士になって4年目ですが、未経験の症例・わからない事はたくさんあります。それらに遭遇した際は自分の成長のためと思い、喜んで取り組んでいきたいと思っています。

 

PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.