心のオアシスのような病院を目指します

放射線科

医療装置の進歩に合わせ、撮影技術の向上、放射線被爆線量の軽減に努力しています。

目標

  1. 患者さんに適切な検査を正確迅速に行なう。
  2. 患者さんが安心して検査を受けられる様、明瞭、丁寧な説明をする。
  3. 患者さんの様態や身体の不具合に注意し、無理のない体位を選択する。
  4. 常に安全な検査ができるよう整備、点検に努める。

 

設備のご紹介

X線一般撮影装置
X線一般撮影装置

X線検査の中で最も身近な検査で、骨や臓器の形、腸のガスの状態や骨折部位等、数多くの情報が得られます。

 


X線透視撮影装置
X線透視撮影装置

透視装置でバリウムを利用した消化管(食道、胃等)検査や尿路系、胆道系、脊髄腔、関節腔等造影剤を使用して目的部位の状態を検査します。

 


CT(コンピュータ断層装置 Computed Tomography)
CT

CTはX線を体のさまざまな角度から照射し、体の断面像をコンピュータでつくり出します。造影剤を使用することで体の内部構造を詳しく調べることが出来ます。

 


MRI(磁気共鳴画像装置 Magnetic Resonance Imaging)
MRI

X線を使うことなく体内の状態を外部から検査する方法です。強い磁石と電波を使いますが、体の断層が正確に映し出されますので、病気の部分の診断に有効です。

PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.