心のオアシスのような病院を目指します

教育支援

新人教育

教育目的

患者様に安全で安心な医療サービスを提供するために、専門職業人としての自覚と行動がとれるように組織資源を提供する

教育目標

  1. 病院や看護部の理念・目標を理解して行動できる
  2. 的確な看護判断と適切な看護技術を提供できる
  3. 患者様の人権を尊重し、倫理に基づいて行動できる
  4. 自己評価と他者評価を踏まえて、学習課題を明確にできる

 

教育内容

教育内容

1. 集合教育
4月初期に基本的看護介護技術研修を行い習得する(業務終了後)

2. 現場教育
プリセプターシップを導入、業務チェックリストを活用
マニュアルに基づく定期的な到達度チェック(7月:3ヶ月評価、10月:6ヶ月評価、3月:12ヶ月評価)

 
3. 院内ローテーション実習
他病棟の特徴・特性を理解し業務の流れを知ることにより、相互理解を深める。
自分の病棟で経験できないことを経験・学習することにより視野を広げ幅広い知識を習得し、自己の学びを深める。 入職6ヶ月前後に一週間の日程で各部署を廻る。

看護師の研修プログラム

1年目

1年目

[集合研修内容]

プリセプターシップ、接遇、酸素吸入、吸引、与薬、採血、バルーンカテーテル管理、口腔ケア、移乗動作、おむつ交換、急変時の看護、滅菌操作、輸血、ポンプ、記録、麻薬、ガウンテクニック
 

2年目

2年目

 

3年目

 

 

教育制度

プリセプターシップの導入
プリセプターがマンツーマンでサポート。病院全体で新人を育成します。

新人とプリセプター

新卒者は、卒業しても技術的には何もできない新人さん。すべてがわからない事だらけだし、した事のない(見たことはあっても)ことばかり。不安でいっぱいだし、自分が情けなくなってくる。慣れない仕事に心身共に疲れてくる。
そんな新人さんに優しく手を差しのべてくれるのがお姉さん役のプリセプター。何でもできるベテランナースに注意されると恐いけど、身近なお姉さんが一緒に考えて優しく教えてくれると、落ち着いて考えられるのです。

プリセプターって何?

一人の新人(プリセプティー)に一人の先輩看護師(プリセプター)が付き、ある期間マンツーマンで教育指導することです。

どうして、プリセプターが必要なのでしょう

新卒者は学校で看護のあるべき姿を学び、卒業後その理想像を胸に抱いて、臨床の場に出てきます。
しかし、実際の職場は理想とはかけ離れており、また実習の時のように、困ったとき常に傍らにいて援助・指導してくれた指導者や教官はいません。
そして、就職した途端に「看護師」の立場で実践者として働くことを要求され、一挙に膨大な仕事量と責任がのしかかってくるのです。
⇒ リアリティーショック(現実の場面で感じる衝撃反応)

そこで、プリセプターが計画的に指導し、相談に乗り、励まし、役割モデルとなることで
1)新人が深刻なリアリティーショックを体験することなく、職場に適応できるようにすること。
2)新人が看護師として自信を持ち、専門職として成長・発達し実践活動ができ、一定期間に新しい役割がとれるようにすることが、必要になります。

プリセプティとプリセプター

チェックリストの活用

各病棟のプリセプターがチェックリストを使用し、プリセプティを段階的(3か月、6か月、1年)に評価します。 達成項目を振り返り、自己評価と指導者評価を加えながら、ステップアップしていく仕組みです。 評価後は感じた事、今後引き続き必要とされる指導内容等が共有され、それぞれの成長に合わせた適切な指導を行っています。

プリセプティとプリセプター

現任教育

教育目的

病院の理念、看護部の理念を理解し、質の高い看護実践能力を育成する。
教育プログラムに参加し、(クリニカルラダー・キャリアラダー)一人ひとりのレベルアップを目指す。

教育目標

看護師

患者の権利を尊重し、EBMに基づき安全で効果的な看護実践ができる。
専門職として看護の質の向上を目指し、自己啓発を図ることができる。

介護職

看護部組織の一員として自覚し、専門性の高いケアが実践できる。

看護部のクリニカルラダーシステム

当院看護部のクリニカルラダーシステムは、看護実践、管理(役割・責任)、人間関係、教育研修をキーワードとし、新人、2年目、3年目以上、副主任・主任、副師長・師長のラダーで構成されています。

クリニカルラダーを用いた能力の開発

ラダー段階に応じた院内研修プログラムが組まれており、より高いラダーを目指すための学習を効率的に行うことができます。また、評価を受けるための面接により、個々の課題が明確になり、より高いラダーへの到達を目指して学習の動機を高めることができます。

評価の方法

評価を受ける者は、看護実践能力、管理能力、人間関係能力、教育・研修能力について、各段階毎に設定された項目を自己評価し、さらに他者評価を受け、それらをもとに面接を行い、両者ともに納得のいく評価を決定します。

クリニカルラダー

青森慈恵会病院 看護部:クリニカルラダー・キャリアラダー(PDF)

PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.