心のオアシスのような病院を目指します

看護を支える人々

三浦千加

 少しでも気持ちが軽くなれるように

 どのような業務をされていますか?

私が働いている回復期リハビリテーション病棟では脳血管疾患や大腿骨頸部骨折等の患者様に対し、日常生活機能の向上と在宅復帰を目的とし、早期より積極的にリハビリを行っている病棟です。
手術前後や急性期に治療を経て、病棟に転入してこられた患者さまは慣れない入院生活や、退院に向けてリハビリを日々頑張っていられる中で癒しを求めている日もあると思います。ケア時に悩みを話してくれる患者さまもおられますが、その時はきちんと耳を傾け共感し、少しでも気持ちが軽くなれるよう日々心がけています。

三浦千加

 患者さまの「ありがとう」を喜びに

 現在の仕事のやりがいや喜びを感じるのはどんな時ですか?

回復期病棟ですので「ありがとうございました」と退院していかれる患者さまを見たとき喜びを感じます。また、定期的に病棟ではレクリエーションが開かれ、参加された患者さまより「楽しかった」と声が聞かれたり、普段では見られないような表情を見たときは皆でやって良かったなとやりがいを感じます。

 当たり前のことを丁寧に

 今後の目標や抱負など教えて下さい。

いつも心掛けていることがあります。それは当たり前のことですが丁寧にケアを提供することです。忙しいと雑になってしまいがちですが、より良い入院生活を過ごしてもらえるよう日々の業務に努めています。

 安心して働けるところです

 就職希望者へのメッセージをお願いします。

三浦千加
家庭を持っている方にはとても良い職場だと思います。私自身子供がいますが、まだ小さいので突然仕事を休んだり夜勤が出来ないという事情がありますが、病棟の師長をはじめ他のスタッフの理解と協力にはとてもありがたく、何度も助けられています。24時間365日対応の託児所もあり、安心して働けるところだと思います。ぜひ一緒に働きましょう。

 


細川伸子

 患者様のADLの維持、向上とQOLの向上を目指し業務をすすめています

 どのような業務をされていますか?

整形外科の急性期病棟で、介護業務を行っています。患者様の日常生活のお世話をしています。整形外科の急性期病棟は、病気が発症してまもない方や手術前後の方が入院しています。身体を動かすことが不自由なので、食事や排泄、移動、清潔面などの援助をしています。
認知症やせん妄症状がある患者様もいますので、症状が和らぐような対応を心がけています。
専門的知識、技術を生かし、患者様のADLの維持、向上とQOLの向上を目指し業務をすすめています。また、病棟スタッフの意見に耳を傾け、よりよい職場環境になるように努めています。

 何よりもやりがいを感じるときは、患者様の「ありがとう」と感謝の言葉

 現在の仕事のやりがいや喜びを感じるのはどんな時ですか?

私たちの病棟では、介護スタッフが患者様のカンファレンスをおこない、患者様が安全、安楽に自立に向かっていけるようケア内容を提案しています。自分たちが考えたことで、患者様が自立に向かい、QOLが高まる事にやりがいを感じます。患者様が自立に向かっていき症状が改善していく姿を見ると喜びを感じます。
また、薬や点滴等の治療以外でも介護スタッフが対応したことで症状が落ち着いたときはやりがいを感じます。何よりもやりがいを感じるときは、患者様に「ありがとう」と感謝の言葉を言っていただいた時です。

 「入院するなら慈恵会病院に来たい」と言ってもらえるように

 今後の目標や抱負など教えて下さい。

目標というよりはいつも心がけている事ですが、患者様をよく観察し、よりよいケアを提供していくことです。患者様の一番近くで接している介護スタッフですので、よく気づけるスタッフ、よりよいケアを提供できるスタッフがより増えるように、スタッフと一緒に考え、指導していきたいと思っています。「入院するなら慈恵会病院に来たい」と言ってもらえるようがんばります。

 長い目で見ても働きやすい職場だと思います

 就職希望者へのメッセージをお願いします。

細川伸子
介護職は身近な目線から患者様を観察し、身近な視点からケアすることができます。私たち介護職が、気づいてあげる事で、症状が軽くなることもあります。治療だけではなく、介護技術で患者様をサポートしてみましょう。女性の方は、結婚・出産・育児など、家庭と仕事と折り合いをつけていかなければいけない時もあると思います。私も、さまざまな変化に慈恵会に柔軟な対応をしてもらい、働き方をサポートしてもらっています。長い目で見ても働きやすい職場だと思います。
ぜひ慈恵会病院で一緒に働きましょう。

 


八戸剛

 毎日の変化に気づき声掛けを意識しています

どのような業務をされていますか?

当病院には一般病棟、回復期病棟、認知症病棟、緩和ケア病棟があります。私が働いている回復期病棟では脳血管疾患または大腿骨頚部骨折等の患者様に対し、日常生活能力の向上及び在宅復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に行っています。普段から患者様の日常生活能力の維持、向上に努め、毎日の変化に気づき声掛けを意識しています。だれしもリハビリのために入院している方は努力されています。「頑張ってますね。」や「体調は大丈夫ですか」は当然の事で「今日は昨日より、足の運びがいいですね。痛みは楽になりましたか?」のように毎日のちょっとした変化にも気づく事で信頼関係やコミュニケーションをとれるように考えています。

退院の際の「ありがとう」と言われるのが喜びであり仕事への励みになっています

現在の仕事のやりがいや喜びを感じるのはどんな時ですか?

患者様とその家族が希望される職場復帰、退院が決まった時はこちらも達成感を感じます。たとえ、以前と生活スタイルが変わったとしても自分らしく生きるライフサポートのお手伝いをしている事にやりがいを感じます。退院の際の「ありがとう」と言われるのが喜びであり仕事への励みになっています。最初は「介護さんお願いします」と頼まれていたことが名前を覚えて頂いて「八戸さんお願いします」に変わったときは嬉しくなります。また、後輩スタッフにもいろいろ相談を受けたり、質問をされると自分も改めて勉強したり良い答えを導き出そうと努力している事も自分の成長にも繋がっていると感じます。

介護職一人一人のキャリアアップを図っていきたい

今後の目標や抱負など教えて下さい。

今までは一個人の自己目標達成のために頑張って仕事に励んできました。これは視野が狭く、自分自身の自己満足で回復期病棟の介護の質の向上や技術向上、病院の介護スタッフのレベルアップにつながるものではありませんでした。良い知識や技術は伝達・共有し統一したケアをすることが重要です。これからは視点を広げ、院長の掲げる世界一の病院にするためにその基盤となる世界一の介護を目指して行きたいと思います。そのための介護部の設立、介護スタッフの指導、育成。研修を充実させ、介護職一人一人のキャリアアップを図っていきたい。また専門学校や高校等の就職説明会でも病院における介護のあり方を伝え、マンパワー不足の解消と良き人材確保にも努めて行きたいです。

介護という仕事が好きであること

就職希望者へのメッセージをお願いします。

八戸剛
介護という仕事が好きであること。これは経験から得る楽しさややりがいの事ではなく、人対人の仕事が好きかという事です。いつも笑顔であいさつが出来る人。笑顔は人を和やかにしてくれます。作り笑いではなく心から笑顔が出せるよう普段から心に余裕を持ちましょう。介護という仕事にプライドを持ち、責任を持って患者様と向き合える人。この仕事は自分にしか出来ない、患者様が何を求めているのか常に考え、対応しなければならないという気持ちが大事です。最後に常に理想と目標を持てる人。日々の業務をこなすだけではなく、自分はこんな介護を目指したい、こんな事をして行きたいと目標を掲げ、世界一の病院を目指す一員になりましょう。

PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.