心のオアシスのような病院を目指します

新人ナース

2017年度

2017年度も多くの方が入職されました。
新人ナースの業務や今後の抱負を紹介します。


小田桐里香

小田桐里香

青森県立黒石高等学校看護科卒業

もともと回復期に興味があり、希望で回復期リハビリテーション病棟に配属になりました。
知識・技術ともにまだまだ足りていませんが、やさしく教えて下さり日々仕事を頑張ることが出来ています。
患者さんと向き合いながら、日々の学びを大切にして、技術・知識を身につけていきたいです。


管原 あかり

管原 あかり

青森県立保健大学看護学科卒業

私はジョブローテーションを通じて、自分のやりたい看護ができ、親身になって指導してくださる先輩がいる4A病棟に魅力を感じ、配属を希望しました。
注射などの看護技術から日勤・早番兼務などまだまだ分からないこと・できないことの多い私を病棟全体で支えていただき、毎日感謝の気持ちでいっぱいです。
早く独り立ちできるよう、精一杯頑張っていきたいと思います。


小山内美香

小山内 美香

五所川原市立高等看護学院卒業

忙しい中でも、てきぱき業務をこなしている先輩達の姿にあこがれて3B病棟を希望しました。
まだまだ不慣れで未熟な私ですが、やさしい先輩たちに助けていただきながら日々頑張っています。
同期と支え合いながら1日でも早く仕事に慣れ、独り立ちできるように頑張りたいと思います。


木村 胡桃

木村 胡桃

弘前医療福祉大学看護学科卒業

ジョブローテーションを通じて、4B病棟で働きたいと決めました。
手術前後の患者さんの看護や急な入院など忙しい日々を送りながらも、楽しさややりがいを感じています。
知識も技術もまだまだ未熟ですが、先輩方が優しく丁寧に指導して下さるため、頑張ることができています。
日々の学びを大切に今後も頑張ります。


高橋かすみ

高橋 かすみ

青森県立黒石高等学校看護科卒業

緩和ケア病棟希望で入職しました。苦しくないように日々の生活を支えることが、一番の仕事だと感じています。
小さな変化に気づいたり、ちょっとした配慮をしたり、できるだけ余裕を持って働けるようになりたいです。
ジョブローテーションを終えて、ケアミックス病棟のそれぞれで学べることがありました。学びを実践に活かせるよう努力していきます。


佐々木 和美

佐々木 和美

弘前医療福祉大学看護学科卒業

ジョブローテーションを経て手術室を希望し、配属されてから1か月以上が経ちました。
手術室では直接介助と間接介助を通し手術のサポートを行なっています。
まだまだ分からないことが多くありますが、先輩看護師に指導して頂きながら、忙しくも充実した日々を過ごしています。
患者様が安心して手術を受けられるよう、今後もより一層、努力していきたいと思います。


佐藤 亜梨沙

佐藤 亜梨沙

青森県立保健大学看護学科卒業

手術室の看護師の役割は主に3つあり、出血量やガーゼカウントなどを行う外回り、挿管介助など麻酔科の先生の介助を行なう注射係、手術の直接的な介助を行なう器械出しです。
それぞれが協力しながら、医師のサポートを行なっています。
これらの役割を通じて、患者さんに安全安心な手術を提供できるように日々勉強しています。
まだまだ分からないことばかりですが、熱心に指導して下さる先輩方に少しでも近づけるように頑張ります。

PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.