心のオアシスのような病院を目指します

医療安全推進室

  • HOME »
  • 医療安全推進室

医療安全推進室

総括医療安全管理責任者 佐々木資成
医療安全推進室長 山﨑章生

概要

医療安全は病院の根幹を担うものであり、その体制の構築と医療安全文化の醸成をさらに強固のものとするため病院長直属の組織として設置されました。構成は医師1名、看護師3名、臨床工学技士1名、事務職員1名から成っています。

特徴

医療安全推進室の役割は、医療事故につながる恐れがあるインシデント(ヒヤリ・ハット)事例をもとに原因分析を行い、それに対し対策を立て院内に周知すること、また対策が機能しているか、実行されているかを定期的に評価し、必要であれば修正していくことです。
目的は患者さんが安心して治療を受け、また地域に帰ってもらうことであり、その目的を意識しながら、組織横断的にPDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルを回していくことを常に心がけています。また関連する業務として、医療安全に対する意識向上のための研修会の開催や、医療現場に潜むリスクを少しでも早く発見するための院内巡視、医療安全の指針見直しや医療安全を推進するためのリスクマネージメント委員会を主導しています。
ヒューマンエラーを0にすることは不可能ですが、限りなく0に近づけることを常に念頭に置き、これからも地域の皆様に安全、安心な医療を提供できるように活動を続けていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちらから TEL 017-782-1201 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.