心のオアシスのような病院を目指します

院長メッセージ

丹野雅彦院長

「ここの病院にきてよかった」
と思ってもらえること

社団法人慈恵会
青森慈恵会病院 院長
丹野 雅彦

 当院は、昭和54年に開設されて以来、地域に必要とされる医療とはなにか、福祉とはなにかということを常に考えながら、地域の方々が安心できる良質な医療・福祉を提供できるよう努めて参りました。 その間、様々な試行錯誤や改革がありましたが、こうして今あるのもひとえに地域の皆様方ならびに関係者の皆様方のご支援、ご指導があってのこととあらためて感謝申し上げる次第です。

現在、当院は一般病棟をはじめ緩和ケア病棟、回復期リハビリ病棟、認知症病棟などそれぞれに特色のある病棟からなり、患者さんの様々な病状に合わせて柔軟に対応できるようケアミックス型病床群の形態で運営されております。 また、県立病院、市民病院といった公的な医療機関をはじめ他の民間病院や診療所、そして介護保険事業所とも積極的に連携し、お互いの役割分担の推進とともに、患者さんの転院や退院後の支援がスムーズに行えるよう日々取り組んでおります。 そこでは、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、栄養士、ケースワーカーなど多職種がチームとして関わり、一人一人が一患者さんのために何ができるのかを考え、患者さんも我々家族の一員として関わっていけるよう心がけております。

当院の理念である「オアシスのような病院」とは、創始者であり私の父でもある故丹野敬蔵の思いを言葉にしたものですが、病気や身体的障害により辛く不安な思いをされている方々が、安心でき、 また明日への希望を抱けるような病院でありたいという願いが込められております。 私たち職員一同が目指すものは、まさにこれであり、病に苦しんでいる方々に少しでもお役に立てるよう日々努力し、ひいては地域の方々の健康と疾病予防の充実を通して、青森というこの地の活性化に微力ながら寄与したいと考えております。 つきましては、これからも皆様のなお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

職員満足度と医療の質で「世界一の病院」を目指す

キーワードは「家族」

キーワードは「家族」

当院では、スタッフ各々が仕事の中で「自己実現」という体験を通じて、もっとやりがいを見い出せるような職場づくり、またそれを周囲がサポートし、お互いが尊重し合えるような風土形成を目指しています。 そこにはスタッフ同士が家族のように思える関係が理想だという思いが基盤となっています。

 

 
VisionとMission
    • 利用者第一をモットーに「世界一の病院」という認識をスタッフ全員が持っている。
    • 同僚や利用者を家族の一員として、お互いを尊重し合う関係を築いている。
    • 全員が仕事を楽しみながらすばらしい業績をあげているユニークな職場として、世の中から認知される。

 

  • 仲間の成長をサポートする
  • 患者さんに安心を与える
PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.