心のオアシスのような病院を目指します

緩和ケア病棟のご案内

緩和ケア病棟への入院の流れ

緩和ケア病棟への入院は、患者様とご家族が共に緩和ケアを理解し入院を希望されていることが必要です。

relaxation-00

電話問い合わせ医療相談員が対応します
緩和ケア相談医師、看護師、医療相談員が相談をお受けします
入院判定
病棟入院

緩和ケア入院相談予約受付

月曜日~金曜日 午前8:30~12:00 午後1:00~ 5:00
土曜日 午前8:30~午後0:30
(お電話で予約してからご来院下さい)
連絡先:青森慈恵会病院内 総合相談室
所在地:青森市大字安田字近野146-1  電話:017-782-1202  Fax:017-783-3185

 

病棟のようす

病室写真キッチンもあります
優しい雰囲気で統一された病棟です。キッチンもあります。ご家族と一緒に食事をどうぞ。
屋上からの風景屋上からの風景。

お茶会

お茶会の様子ボランティアの茶道の先生がたてて下さる抹茶と御菓子。

 

アロマセラピー

アロマセラピー アロマセラピー

ボランティア活動

ボランティア活動
ボランティア活動
ボランティア活動

入院費について

入院費用は各種医療保険が適用されます。
診療行為は全て包括された入院料と、食事料の自己負担金の請求になります。
1階受付へ保険証、限度額認定証の提示をお願いします。

自己負担の目安として

《社保・国保 3割》 1ヶ月(30日分)
医療費 食事負担(1食360円)

《後期高齢者医療制度》 1ヶ月(30日分)
医療費 食事負担(1食360円)
1割 上限57,600円+32,400円=90,000円

医療費が高額になった場合、その他の減額制度もございますので、お気軽にご相談ください。

病室は全部で22部屋あり全て個室となっております

無料個室/11室
有料個室/11室 – 特別室 1室 12,600円/日、有料個室 9室 5,250円/日、1室 2,625円/日

 

よくある質問

Q.緩和ケア病棟ってどんなところ?

A.がん患者さんの、痛みや他の症状をコントロールする病棟です。私たちスタッフは、その人らしく生きること、そして穏やかに過ごせるようにご家族を含めて一緒に考え、サポートしていきます。

Q.病名や症状の告知は必要ですか?

A.患者さんを孤立させないために、告知はとても大事なことです。残された時間をご本人の意思で、悔いなく過ごしていただくために、そして、ご家族とスタッフが患者さんと一緒の思いを共有するために。

Q.どんな人が入院できる?

A.がんによる症状の緩和を望む方が入院できます。

Q.寝たきりになってから入院するのですか?

A.自立している方でも、痛みやその他の辛い症状の治療が必要な時は一時的な入院もできます。外出、外泊も積極的に支援します。

Q.ホスピスでの医療内容は?

A.原則として、抗癌剤による治療は行いませんが、点滴、薬、輸血などの症状緩和を積極的に行うための治療はすべて可能です。 ご本人、ご家族へ十分な説明をした上で行います。

Q.ホスピスへの入院は健康保険が使えるの?

A.健康保険が適用になります。高額療養費制度や限度額適用認定証も使えます。詳しくは医療相談員までお問い合わせください。

Q.入院費はどのくらい?

A.年齢や年金の受給金額、収入状況に応じて、負担額が異なります。詳しい金額をお知りになりたい方は、入院をご検討の方の保険証一式をお手元にご用意いただき、医療相談員までお問い合わせください。

Q.入院の待機日数は?

A.年間を通し、待機状況には変動があり、数日から1カ月前後の予定です。ただし、症状に応じて柔軟に受け入れを行っております。

PAGETOP
Copyright © 青森慈恵会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.